エナジードリンクの「エナジー」は嘘

bbcニュースを見てそう感じました。
英語の記事なので、誤訳も多いと思いますが、超簡単に解説すると、
・16歳の少年が亡くなりました。
・死因は不静脈
・2時間以内にカフェインが多く含まれるドリンクを3杯飲んだのが原因(?)

なんでも食べすぎ飲みすぎは体に良くないのですが、カフェインは特にそれが当てはまるのではないでしょうか。

もちろん朝1杯のコーヒー程度なら、何の問題もないのでしょうが、カフェイン中毒という言葉もあるくらいなので、気をつけなければいけませんね。

さて、本題。

エナジードリンクとは何なのでしょうか。

エナジー(energy)は日本語読みをするとエネルギーとなるので、読んだままの意味となります。

では本当にエネルギーが含まれているのでしょうか。そもそもエネルギーってなんやねん。
結論からいうと、エネルギーは含まれていますね。

一過性の!

ここがポイントです。

一過性のエネルギーって、簡単にいうとドーピングみたいなものです。

ドーピングしてまでエネルギー欲しいですか?

仕事のために毎日飲んでいる人が多いと思いますが、あんまりお勧めできないんですね。

エナジードリンクに頼ってしまうと、エナジードリンクなしで生きていけなくなってしまいます。そうなる前にやめていただきたい。

もっと根本的な原因を追求するべきです。

睡眠の質が悪いのではないかとか、そもそも会社が自分に合っていないのではないかとか。

ちなみに僕は人生で2回飲んだことがあります。どちらも、駅で綺麗なお姉さんが配っていたもの。きれいなお姉さんにもらったので飲みました!笑

でもやはり味が変なんですね。人工的な味。

人工的なものって体にいいものないんですよ。人工調味料で体にいいものないでしょう!!ということです。

先ほども記載しましたが、根本的な解決をしましょう。エナジードリンクに頼らないといけない性格がおかしいという自覚を持って欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です