冷たい水で手を洗うと暖かいお湯で洗うのと同じ殺菌効果がある。

bbcニュースより

2日前の記事で申し訳ございません。言い訳ですが、仕事の関係でなかなか時間がとれないんですね。

それはさておき、なぜ記事にbbcニュースを取り上げているか先に説明しますね。

bbcニュースは僕がオーストラリア留学のとき、勉強のために読んでいたのですが、完全に理解できなくても面白い記事がいっぱいあることを知りました。

特に僕は健康に関する記事にとても興味があるのですが、日本のニュース媒体よりもイギリスやアメリカの方が取り扱いが多いことに気づき、英語に触れるいいきっかけになりました。

面白いことに英語のニュースって読解が簡単なんですね。
単語のレベルは当然上がるものの、日本のニュースに比べたら読解難易度はかなり下がると思います。

英語を勉強している方は、ぜひbbcニュースを読んでほしいと思います。僕が取り扱うニュースは、僕でもわかる記事なのでそんなに難しい内容はないですから、読みやすいかと思います。

今回の記事はタイトル通り。15度の水と38度のお湯で手を洗うのでは、同じ殺菌効果があるのだとか。ちなみに26度も一緒です。つまり温度に関係ないということです。
なんとなくお湯の方が効果的な感じはしますが、そうでもないそうなので、ガス代を考えたら水で洗った方がいいですね。

ところでみなさん、根本的に家に帰ったら手を洗っていますか?

ここまで書いといて申し訳ないですが、僕はほぼ洗わないです笑。 子供の頃から洗わない習慣が身についたので、黴菌の耐性がついたのですね。きっと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です